グルテンフリーを負担にしないために、『健康目的』なら調味料はグルテン入りでもいいのでは?というご提案

アレルギーでもセリアックでもなく、健康目的でグルテンフリーをやりたいと思っている方は、「どこまでグルテンフリーにするか」を考えてもいいのでは?

というのも、完全にグルテンフリーにするのは難しいところがあるから・・。

それが、加工調味料です!醤油や味噌はグルテンフリーの商品が手に入りやすいのですが、タレやソースなんかの加工調味料はなかなかグルテンフリー商品がないことがあります

特にこだわりの調味料がある方や、時短のために加工調味料を多用している方は、使えないと困るのではないでしょうか?私も普段のソースが使えないとなると、しんどいです・・。

醤油はグルテンフリーだという説もある

だしやソースにはたいてい醤油が使われています。この醤油、たいてい小麦が使われていますよね〜。お好み焼きソースを手にして、原材料がたくさん書いてある中で、たった一つの醤油が「一部に小麦を含む」だった場合、みなさんどうしてますか?

私は使っています。というのも、醤油の小麦は小麦アレルゲンが残っていないと言われています。

醤油を作る長い醸造期間を経ることで、小麦アレルゲンが残存していません。でも、敏感な方は反応してしまう場合があるかもしれないので注意が必要です。小麦アレルギーやセリアックの方は使わない方が多いです。

ただ、健康目的でやっている方は、ここは手を抜いてもいいんじゃないかなと思います。すべてグルテンフリーにすると高額になりますしね。

私はよく使う醤油・味噌・お酢はグルテンフリーで揃えて、他はあまり気にしないようにしています。

オーガニックにもこだわりたい

グルテンフリーにしてからなんだか体の調子がいいと思っていても、本当にグルテンだけが悪かったのか?という疑問も持っています。

小麦の問題点はグルテンだけではありません。農薬がたくさん使われている。小麦自体が品種改良されている。小麦のグルテンでなく他が原因だった可能性もあります。

私は少量しか使わない調味料に入っている小麦よりも、オーガニックであるかも大切だなと思っています。両方ならなおいいんでしょうがね。

グルテンへの反応は個人差があります。その日の体調によっても変わってきます。必要に応じてお医者さんと相談しながら、自分の食事法を見つけていくのが大切です!

完璧なグルテンフリーでなく、ゆるく続けるグルテンフリーついて下記に書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です