back to Nature クランベリーピーカン グラノーラ


back to Nature Cranberry Pecan Granola 311g(NON-GMO)
購入価格 💲5.29(2018年12月)

「back to Nature クランベリーピーカン グラノーラ」を購入しましたー!こちらは以前紹介したバニラアーモンドアガベ グラノーラの違うフレーバーになります。

同じくお値段も日本円にして、約600円!しょうがないとは思っても、まぁ高いですよね〜( ゚д゚) グルテンフリーグラノーラは全体的に高くて、高いものだと同じ容量で8ドルくらいです。これでもホールフーズで一番安い価格だと思います。

うちでは毎朝夫と私はヨーグルトに入れて、子供はグラノーラのカリカリとした食感が好きみたいで朝食後のおやつ代わりに少量食べています。それで大体7〜8日間で1袋消費します。まだ外食するよりは安いものかと思い購入しています(゚∀゚)

商品詳細


NON-GMO
原材料名:全粒押し麦、ブラウンシュガー、クランベリー、ライスクリスプ(全粒玄米粉)、オーツ麦繊維、ピーカン、ベニバナ油、チコリ根繊維、玄米シロップ、干しリンゴ、ココナッツ、天然フレーバー、混合トコフェロール(鮮度用)
内容量:311g

こちらはNON-GMO商品です(゚∀゚)原材料はバニラアーモンドアガベグラノーラでも使われていた、4種の穀物がベースです。なので全体的な歯ごたえは似た感じです!

全粒押し麦・ライスクリスプ(全粒玄米粉)・オーツ麦繊維・チコリ根繊維のベースは同じで、クランベリーとピーカン、干しリンゴが加えられています。甘みもアガベからブラウンシュガーや玄米シロップに代わっています。

グラノーラをお皿に出しました。穀物とピーカンの茶色にクランベリーの赤が映えます(゚∀゚)

袋を開けた上の方にはグラノーラ同士がくっついた塊が偏っていました。下に行くにつれて徐々に小さいものになっていきます。クランベリーやピーカンも偏っているかなと思ったのですが、下にいってもクランベリーとピーカンが入っていてバランスよく食べられそうです!気になる方は均一になるように少し混ぜたほうがいいかもしれません。

食べた感想

朝食にヨーグルトにかけて食べてみました!やはり食感はザクザクと食べごたえがあります。クランベリーが口の中に入ると、食感が変わって歯にくっついて重い感じがあります。ザクザクの中にモッタリとした噛みごたえのあるクランベリーがアクセントになって、これはこれで私は好きな食感です(゚∀゚)

グラノーラの甘さとクランベリーの酸味が合わさって、美味しいです!個人的にはバニラアーモンドよりもこちらの方が好みです!

ピーカンはクルミ科の植物で、クルミと見た目も味も似ているのですが、クルミの苦味や渋みがピーカンにはないので食べやすく感じる方が多いと思います。歯ごたえもサクッとしています。ドライリンゴも入っているみたいですが、見た感じも食べた感じも、どれかは確認できませんでした(;´∀`)

まとめ

おすすめ度
(3.0)

おすすめ度は星3つです!ほどよい甘さで美味しいです!グラノーラを食べていたら同じ味で飽きてくることもあるのですが、これはクランベリーの酸味が味のアクセントになっています(´∀`)

毎朝グラノーラを食べるので、こちらの商品もリピートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です