daiya ニューヨークチーズケーキ

aiya new york cheezecake 400g(NON-GMO)
購入価格 $8.99(2019年1月)

アメリカに来たからには、ニューヨークチーズケーキをどうしても食べたい!ということで、冷凍のチーズケーキを購入しました。

D.C.はカップケーキ店は多いのですが、あまりチーズケーキを見かけません。レストランのでは小麦が使われているので、冷凍のグルテンフリーケーキを買うことにしました(゚∀゚)

大きいと食べきれませんが、冷凍なら食べたい分だけ取り出せて便利ですしね。子供の見ていない間に、いただきます(´艸`*)

商品詳細


NON-GMO
原材料名:フィリング(ろ過水、クリーム状のココナッツ、ケーンシュガー、ココナッツオイル、タピオカ澱粉、NON-GMOエクスペラープレス:キャノーラおよび/またはベニバナ油、片栗粉、えんどう豆プロテインアイソレート、バニラエキス、海塩、キサンタンガム、アルギン酸ナトリウム、乳酸[ヴィーガン]、リン酸三カルシウム、ヴィーガン天然フレーバー、培養した砂糖、ヴィーガン酵素)、グルテンフリーのクラスト(タピオカ澱粉、ケーンシュガー、玄米粉、ろ過水、白全粒ソルガム粉、片栗粉、ココアパウダー[アルカリで加工]、NON-GMOエクスペラープレス:キャノーラおよび/またはベニバナ油、製粉した亜麻の種子、バニラエキス、サイリウム、キサンタンガム、海塩、ひまわりレシチン、キャラメルカラー、脱色[酸性ピロリン酸ナトリウム、重炭酸ナトリウム、リン酸モノカルシウム])
内容量:400g

この原材料表記、分かりやすいのかどうなのか・・。チーズケーキの上の部分と下のクッキー生地とで分けて原材料が記載されているので、たくさん入っているように感じますね。

キャノーラ油とベニバナ油はエクスペラー法という、機械圧搾によりオイルを抽出しています。約50℃~90℃の熱で圧搾しオイルを抽出する方法なんですが、熱を加えないほうが本来の成分を残したままのオイルが抽出できます。コールドプレスって流行りましたが、それが熱を加えずに圧搾する方法です。エクスペラー法は熱を加えるけれどそこまで高温ではないので、なかなかのグレードのオイルが抽出できるようです。

そして、こちらの商品はデイリーフリーつまり、乳製品も入っていません。なので、牛乳やチーズの代用として、ココナッツが使用されています。

箱を開けると、丸型のチーズケーキがフィルムに入っています。中は切れていないよう。こういうのは切れている商品の方が珍しいですからね。しょうがない!
公式的な解凍方法は、

  1. パッケージからケーキを取り出し、カッティングボードまたはプレートに移し、そのまま冷蔵庫に置きます。
  2. 冷蔵庫で5時間解凍します。
  3. 4〜6等分にスライスします。
  4. 提供する前に室温でさらに20分間解凍する。

と、結構大変でワンホールを一度で食べるのを想定しています。

私は小分けにして、食べたいときに一人分をサッと取り出せるように、先に切っておくことにしました。

凍っていると結構硬いです!帰って冷凍庫に入れる前に小分けに切ろうと思ったんですが、まだ結構凍っていました。力を入れて切り分けます。一つずつラップに包み冷凍しましたよ!これからちょっとずつ食べていきたいと思います(´艸`*)

食べた感想

これはチーズケーキというより、ココナッツ風味のケーキですね〜!思ってたアメリカの濃厚なチーズケーキではないけれど、これはこれで美味しいです(゚∀゚)下はサクサクという感じではなくて、しっとり系です。サッパリした味なので、濃厚なチーズケーキが食べたい!って方には物足りないかなと思います。

カロリーは4分の1カットで360kcal、8分の1カットで180kcalです。ココナッツを使っているからローカロリーなのかな?と思いましたが、案外そうでもないですね。チーズケーキはだいたいワンカット150〜400kcalくらいなので、平均的です。

出すのにそんなに手間もかからないので、お客さんが来た時のお茶請けにも良さそうです(´∀`)

まとめ

おすすめ度
(4.0)

おすすめ度は星4つです!グルテンフリーのNYチーズケーキを手軽に食べられる商品です!

ワンホールの冷凍なのでカットする手間はかかりますが、一度カットしてしまえば食べたい時にサッと取り出せるので楽です。

NON-GMOなのも嬉しい商品です。私が購入したのは、ニューヨークスタイルですが他にも、キーライム、チョコレート、ストロベリーとあるので、いろんな味を楽しめます(゚∀゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です