【ANA機内食 DC-成田便】通常とグルテンフリーミールを比較!グルテンフリーにすると何が出てくる?

結構前にニュースで「グルテンフリーの機内食がバナナ一本だった」というのをみて、とても気になっていました。

すごいインパクトですよね・・。結局、軽食がバナナだっただけで、他の食事もきちんと提供されていたみたいです。

機内食って旅の楽しみの一つなので、こんなニュースを聞いて内心ドキドキだったのですが、ワシントンD.C.から日本への帰国便をグルテンフリーミールにしてみました!

今回は、2019年3月のANA便ワシントンD.C.から成田への国際線の機内食についてお話ししたいと思います。

【ANA機内食】通常ミールとグルテンフリーミールを徹底比較

D.C.ー成田間って、すごく時間がかかるんですよ。14時間20分・・!

長い分食事回数が多くなる訳で、2回の食事と1回の軽食が楽しめます。

注意
通常ミールは2種類から選べますが、今回は1種類のみを載せています。
D.C.発
お菓子
通常ミールだともらえる、おかきはナシ!
残念ながら最初の楽しみはナシです。こういうこともあるんですね・・。
食事1
【通常】ポークカツレツ 【GF】ハーブ鷄とグリル野菜
アイス
余ればアイスがもらえます。
ハーゲンダッツのバニラアイスは全員に配った後、余ればもらえます
軽食
【通常】ハムサンド 【GF】グリル野菜ときのこのサンド
食事2
【通常】ビーフストロガノフ 【GF】白身魚とごはん
成田到着!

味付けは全体的にあっさり

今回初めてグルテンフリーミールを頼みましたが、全体的に味付けはあっさりしています。基本的に、塩とハーブ!

通常ミールはソースや醤油が使われているのに対し、グルテンフリーミールは塩やハーブのシンプルな味付けです。通常ミールよりも味付けは薄めです。

そして、グリル鶏が多用されていた印象です。1回目の食事は、メインもサイドも鶏。サイドの「グリル鷄ときのこ」はサンドイッチと同じものです。

この「グリル鷄ときのこ」が美味しいです!今回の機内食で一番美味しかったので、2回でても嬉しく感じました。

食事の豪華さでは、通常ミールの方が上ですが、薄味が好きな方はグルテンフリーミールのほうが好きだと思います。

アイスはもらえないこともある

機内で最初に配られるおかきは、グルテンフリーミールの場合はありません!私はここでバナナかなぁとか思っていたんですけどね。まさかのナシ。最初の食べ物なので、少し残念です。

そして、バニラアイスクリームはグルテンフリーですが、グルテンフリーミールにした場合、全員に配り終わって余ったらもらえます。私は今回もらえましたが、もらえない事があるかもしれません。

またグルテンフリーミールにしようと思います!

私はアレルギーではないので、通常ミールでも食べることはできるのですが、グルテンフリーも美味しいなと思いました!

グルテンフリーミールのデメリットとしては、

グルテンフリーミールのデメリット
  • 食事が選べない
  • 最初のお菓子はもらえない
  • 味が淡白
こんなところです。

ボリュームやお菓子については、CAさんに言えばスナック菓子やフルーツが貰えるので、そこまで気にしなくてもいいのかなと。

あとは味の好みによるかなぁと思います。料理の内容によっては、通常の方がいいなとかグルテンフリーの方がいいなと思うものがありました。「ハーブ鶏よりポークカツの方が美味しいな」とか、「サイドはグルテンフリーの方が好きだな」とか。

私はシンプルな味付けも好きなので、グルテンフリーの方が美味しいと思うものが多かったです。また国際線に乗るときは、グルテンフリーミールを頼みます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です