【ANA機内食 ハワイ便】通常とグルテンフリーミールを徹底比較

ANAハワイ便のグルテンフリーミールをご紹介します。

以前食べたワシントンD.C.ー成田便のグルテンフリーミールが気にいったので、今回もグルテンフリーにしてみました。

ハワイへは約7時間。ウミガメデザインのエアバスA380で行きます。2階建てのゆったりとした機内であっという間につきました。

【ANA機内食】通常ミールとグルテンフリーミールを徹底比較

成田ーホノルル間は行きも帰りも、食事1回と軽食1回が出てきます。

注意
通常ミールは2種類から選べますが、今回は1種類のみを載せています。

行き(東京・成田発ーハワイ・ホノルル便)のグルテンフリーミール

成田出発
食事
【通常】ポークカツレツ 【GF】グリルチキンとごはん

アイス
GFはアイスなし
GFミールはハーゲンダッツのバニラアイスはもらえませんでした
軽食
【通常】パイナップルプリッツ 【GF】ジャムのクレープ

ホノルル到着!

帰り(ハワイ・ホノルル発ー東京・成田便)のグルテンフリーミール

ホノルル出発
お菓子
通常ミールだともらえる、おかきはナシ!

食事
【通常】サーモンとごはん 【GF】チキンと温野菜

シャーベット
マンゴーシャーベット
余ることが確実だったのか、通常食と同時にもらえました

軽食
【通常】クロワッサンサンド 【GF】サンドウィッチ

成田到着!

ANAのバリアフリーパンの感想

行きの食事にバリアフリーパンが出てきました。

こちら、グルテンフリーに対応しているだけでなく、アレルギー特定原材料27品目すべて不使用。牛肉や鶏肉、大豆など宗教上の理由で規制がある原料も一切入っていません。また、添加物も不使用です。その名の通りみんなが安心して食べられます。

同じものがリビエラ東京で1個300円で売られている高級パンです。

パンをよく噛んでいくと、イチジクの甘みがほんのりして美味しいのですが・・。そこまでいくのが大変!硬くてパサついているので、食べにくいです。

パンが冷たかったので、温かいともっと食感が良くなる気がするのですが。空の上では難しいのでしょうか。

軽食のクレープの感想

今回の機内食、一番の衝撃だったのがコレ!

中にアプリコットのようなジャムが入っていて、とにかく生地がパッサパサ。グルテンフリーは冷えているとパサパサ感が増しますね。しかもパンのように膨らみがないので本当パサパサだけです。

ジャムも甘すぎでした。変化球はいらないので、フルーツとポテトチップスとかにしてくれたら嬉しいんですけどね。

全体的な味付けはあっさり

基本的に塩味で、あっさりした味付けです。お肉も脂身がないので、パサついた食事が多いです。通常の機内食だと胃が持たれて体が重いなと感じることが多いのですが、グルテンフリーミールだとそんなことはないです。

私は帰りのサンドウィッチが一番好きでした。

グルテンフリーミールは個人の好みにもよるけれど、通常食と同じで食事内容のアタリハズレにももよるのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です