【ANA機内食 DC-成田便】国際線の食事|通常とグルテンフリーミールを比較!

旅行の楽しみのひとつが食事。

でも、グルテンフリーをしていると食事に迷うことがあります。

海外旅行で最初に口にするのが機内食。旅行のワクワクも相まって、機内食って結構楽しみだったりしませんか?

そこで、グルテンフリーをしている人に朗報です!じつは、機内食はグルテンフリー食が選べるんです。

この記事では、2019年3月の【ANA便ワシントンD.C.→成田】の機内食について写真をまじえて記載しています。

機内のグルテンフリーミールがどんなものか分かれば、選択がしやすいです。

通常ミールとグルテンフリーミール、どちらにするのかの参考にして下さい!

【ANA機内食】通常とグルテンフリーミールを徹底比較

ワシントンD.C.と成田間はすごく時間がかかります。なんと、14時間半!

長いぶん食事回数が多くなり、2回の食事と1回の軽食が楽しめます。

注意

通常ミールは2種類から選べますが、今回は1種類のみをのせています。

グルテンフリーミールは1種類のみで選べませんでした。

 

搭乗
D.C.発
スナック
通常ミールだともらえる、おかきはナシ

おかきはお米が主な原料ですが、しょう油が使われていたのでもらえませんでした。

代わりのスナックもナシです。

食事1
【通常】ポークカツレツ 【GF】ハーブ鷄とグリル野菜

塩とハーブであっさりとした味付けでした。

アイス
あまればアイスがもらえます

ハーゲンダッツのバニラアイスは全員に配ったあと、あまればもらえます。

軽食
【通常】ハムサンド 【GF】グリル野菜ときのこのサンド

美味しかったです。しっとりとした具でした。

食事2
【通常】ビーフストロガノフ 【GF】白身魚とごはん

塩であっさりと味付けされた魚です。

 
成田到着

味付けは全体的にあっさり

今回初めてグルテンフリーミールを頼みましたが、全体的に味付けはあっさりしています

基本的に、塩とハーブ。

通常ミールはソースや醤油が使われているのに対し、グルテンフリーミールは塩やハーブのシンプルな味付けです。通常ミールよりも味付けは薄めです。

そして、鶏が多用されていた印象です。1回目の食事は、メインもサイドも鶏。サイドの「グリル鷄ときのこ」はサンドイッチと同じものです。

食事の豪華さでは、通常ミールが上。ですが、薄味が好きな人はグルテンフリーミールをオススメします。

お菓子は代用品がないこともある

機内で最初に配られるおかきは、グルテンフリーミールの場合はありません。最初の食べ物なので、少し残念です。

とはいえ、機内で用意されているスナックは食べられるので問題ないかと。

そして、バニラアイスクリームはグルテンフリーですが、グルテンフリーミールにした場合、全員に配り終わって余ったらもらえました。

私は今回もらえましたが、もらえない事があるかもしれません。

まとめ

はじめてグルテンフリーミールを体験してみて、思ったより良かったというのが感想です。

通常ミールは2種類から選べる楽しみがありますが、全体的にこってりと味が濃い印象です。

一方、グルテンフリーミールは基本的に塩味で薄味です。

あえて、グルテンフリーミールのデメリットをあげると、

  • 食事が選べない
  • 最初のお菓子はもらえない
  • 味が淡白

といったところでしょうか。

ただ、お菓子については、CAさんに言えばスナック菓子やフルーツが貰えるので、問題ありません。

私は、「ハーブ鶏よりポークカツの方が美味しいな」とか、「サイドはグルテンフリーの方が好きだな」とか好みはありましたが、また国際線に乗るときは、グルテンフリーミールを頼みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。