【Georgetown Cupcake】カワイイ!雑誌にも紹介される大人気カップケーキ屋さん


注文メニュー(2018年12月)
カップケーキ:$3.50

D.C.で一番有名なカップケーキ屋さんです(゚∀゚)著名人のおすすめ商品として紹介されたり、ニューヨークタイムズで紹介されたりするほど人気のお店です!

ジョージタウンカップケーキ(Georgetown Cupcake)は2008年にワシントンD.C.のジョージタウンで、キャサリンとソフィーの姉妹が開きました。女子が好きそうなピンクと黒を基調とした可愛いお店で、よくインスタ映えのカップケーキ屋さんとして紹介されています。

カップケーキが小さめでコロンとしていて可愛いです(´艸`*)

ジョージタウン店は、土日には外まで人が並びます。なのでジョージタウンカップケーキにずっと行きたいなと思っていたのですが、結局半年以上たってから行けました!

場所

1号店はワシントンD.C.のジョージタウンですが、店舗がいくつかあります。

アメリカ国内に現在6店、ジョージタウン、ベセスダ(メリーランド州)、ニューヨーク(ソーホー)、ボストン、ロサンゼルス、アトランタにあります。私が行ったのはベセスダ店で、すぐに入れました!観光地にある店舗では混んでいると思います。

>>Georgetown Cupcake公式サイト-店舗情報(英語)はこちら

食べた感想

ショーウィンドウにはカップケーキがたくさん並んでいます!生地とクリームの組み合わせがたくさんあって種類が多いのですが、グルテンフリーは1種類のみの取り扱いです。他にはヴィーガンも1種類ありました。

こちらはグルテンフリーカップケーキのフレーバーが日替わりで変わるます (゚∀゚)グルテンフリー専門店でない限り、グルテンフリーはおまけみたいなもので種類がないな〜なんて思っていたのですが(;´∀`)日替わりフレーバーは嬉しいです!ホームページにメニューが載っていて、一週間のカップケーキをみることができます。

私が購入したのは、グルテンフリー ラバファッジ(Gluten-Free Lava Fudge)です。ラバ(Lava)は溶岩という意味で、ファッジ(Fudge)は上にかかったチョコレートソースのことです。上に溶岩のようにチョコレートがかかっているカップケーキってことですかね?(・ω・ )チョコレートベースの生地の上にバニラクリーム、チョコソース、オレンジのお花がトッピングされています!大きさは手のひらにのるくらいです。

口コミでは甘さ控えめと聞いていたのですが・・うん、美味しく食べられました!(゚∀゚)ただ、私はアメリカに住んで半年過ぎてから初めて食べたので甘さに慣れていただけかも?とも思います。アメリカに来てすぐに食べた方は甘過ぎてクリームを残してしまったと言っていました。なので日本の味に慣れた方が食べたら甘すぎると感じてしまうかもしれません(´-д-`)

ベセスダ店にはテーブルが1脚あり店内で食べることもできるのですが、狭いので持ち帰って食べる方が多いです。特に土日は混んでいることが多いですし、ゆっくりできるカフェというよりも持ち帰りのカップケーキ屋さんです。

まとめ

おすすめ度
(4.0)

おすすめ度は星4つです!毎度アメリカの甘いものは、日本の味に慣れている方にはどうなのかなと悩むのですが・・。甘いんですが小ぶりサイズが丁度よく、私は美味しいと思います(゚∀゚)

人気のカップケーキ店だけあって、店内も可愛いですし写真を撮っているお客さんがいっぱいいます。アメリカ国内に6店舗あるので、お近くに寄った際には行ってみる価値アリです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。